CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


長坂篤建築研究所
<< 閑静な住宅街の敷地調査に行ってきました。 | TOP | 週末の子供スペース・子供部屋の作り方セミナー大盛況でした。 >>
今年もチャレンジの1年でした。みなさま大変お世話になり、ありがとうございました。
今年も大変多くの方にお世話になり、
誠にありがとうございました。

今年は特に、
「デザイン」にも「性能」にも「コスト」
にもこだわった『デザイン性能住宅』を

適正価格で
より多くの方々にご提供したく、
『設計事務所+工務店』として、
さまざまなことにチャレンジしてきました。


長年の設計経験から、
『設計事務所』として、
緻密さ、正確さ、提案力、自由度など
今まで得意としていた分野を生かしながら、


『工務店』としても、
建材の仕入れルートの効率化、
職人さんとの信頼関係の強化、
工事工程全体の効率化など、
工事体制の強化にも取り組んできました。


その結果、
見学会に大変多くの方にお越し頂いたり、
たくさんの資料請求を頂いたりと、

ほんとうにたくさんの方々に
ご共感頂くことが出来ました。



「お忙しそうですが、
うちもやってもらえますか?」
といったご心配を頂くほどですが、


今までの体制では、
来年分(2016)までご契約でいっぱいの状態で、

さらに見込みのクライアント様も含めると
再来年(2017)までいっぱいになる見込み
となっています。

しかし、
何か買い物をしたら、すぐ使いたいと思うのは、
ぼくも一緒です。

また、消費税10%も迫ってきています。

お待たせするわけにはいきません。

来年も更なる体制強化をはかってまいりますので、
お気軽にご相談ください。


これからも
クライアント様の自分らしい家づくりを、
「デザイン」にも「性能」にも「コスト」
にもこだわり、お手伝いさせて頂きたいと思います。

みなさま今年一年誠にありがとうございました。



それではみなさまお忙しい年末を終え、
ゆっくりと良いお年をお迎えください。

来年もクライアント様ご家族のために、
精一杯
家づくりに取り組んでまいりたいと思います。


長坂篤建築研究所 長坂篤


 
posted by 長坂篤建築研究所です。 | 00:25 | 建築現場のご紹介(木造) | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://news.nagasaka-a.com/trackback/351
トラックバック