CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


長坂篤建築研究所
<< 家づくり何でも相談会のご案内 | TOP | こちらのお宅も敷地の現地調査、親御様へのごあいさつを行いました。 >>
熊本地震の被害状況

所属する建築士会の講習会に参加しました。

 

 

お話の内容は

豊田支部に所属する同志の先輩建築士が

実際に熊本に足を運び、

被害状況を見てきた内容の報告でした。

 

今回の熊本地震の大きな特徴は

震度7という大きな揺れが、

2回連続したということです。

 

そのことで、新耐震基準といわれる

比較的新しい耐震性能で建てられた住宅も

多く倒壊してしまいました。

 

 

 

 

 

 

現在の耐震基準では

震度7が連続することは想定されていないため、

想定外と言えば、想定外です。

 

しかし、

倒壊した建物もあれば、

そうでなかった建物もあります。

 

そのあたりのポイントを

いくつか勉強してきました。

 

しかし、当事務所でつくっている建物は、

それらを十分満たしている建物のため、

実際には、再確認できた。

ということになります。

 

 

ギリギリの耐震性ではよくないし、

 

想定外を追求しすぎても

コストも比例してしまうため、

 

「コスト」と「耐震性」

のバランスをとりながら、

想定外もある程度カバーしていく

ことが大切ではないかと、再認識致しました。

 

ちなみに

国の方針として、今回の熊本地震を受けて、

耐震基準の改正は

今のところ予定してないそうです。

 

なおさら、

自主的に想定外を、

カバーしていく必要があると思います。

 

特にこの地方は、

南海トラフ地震の可能性が高まっています。

 

 

 

 

『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』 
 

建築家住宅を工務店価格で。

建築家による『設計事務所+工務店』




お気軽にお問い合わせください。
お問合せは
こちら

「いいね!」で家づくり情報配信中。
いいね!は
こちらで
 

 

 

 

posted by 長坂篤建築研究所です。 | 00:01 | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://news.nagasaka-a.com/trackback/435
トラックバック