CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


長坂篤建築研究所
こちらのお宅は、造成工事が終盤をむかえています。

こちらは造成工事も終盤です。

 

 

前回の配筋がコンクリートに包まれました。

 

 

広々とした立派な敷地です。

 

 

 

 

こちらの造成工事がはじまったとき

大きな目的のひとつであったのは湧き水対策。

 

安全に確実に工事は進み

湧き水も完全に処理でき、安定しております。

 

 

 

 

造成工事がひと段落し、全体を見渡すことができると

建物が建つイメージも浮かびやすくなります虹

 

 

引き続き、現場の様子に留意しながら

今後の計画が楽しみです。

 

 

 

 

『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』 
 

建築家住宅を工務店価格で。

建築家による『設計事務所+工務店』

 

 


お気軽にお問い合わせください。
お問合せは 
こちら

 

 

 

Instagramは こちら

facebookは こちら

 

 

posted by 長坂篤建築研究所です。 | 16:32 | 建築現場のご紹介(木造) | comments(0) | trackbacks(0) |
こちらのお宅も現地調査を行ないました。

こちらのお宅も現地調査を行ないました。

 

 

純和風のお宅が

 

洋風なお宅に生まれ変わります。

 

残すところは残し、

新しくするところは、イメージ一新。

 

コスト、イメージ、安全性を考慮しながら、

まとめていきます。

 

 

 

 

お隣さんとの境界周辺も確認。

 

 

 

 

納得のご提案をさせて頂ければと思います。

 

 

 

『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』 
 

建築家住宅を工務店価格で。

建築家による『設計事務所+工務店』

 

 


お気軽にお問い合わせください。
お問合せは 
こちら

 

 

 

Instagramは こちら

facebookは こちら

 

 

 

 

posted by 長坂篤建築研究所です。 | 16:26 | 建築現場のご紹介(木造) | comments(0) | trackbacks(0) |
こちらのお宅は、造成工事がはじまりました。難工事をクリア。

こちらのお宅は造成工事がはじまりました。

 

 

 

しかし大変な難工事となってしまいました。

 

 

 

工事前の状況、地盤調査の結果などから、

当初からある程度予想はしていましたが、

 

予想以上の湧き水が発生し、

重機が動けなくなってしまう状況に。

 

 

 

急きょ工程にはなかった

地下水面を考慮した埋め戻しと

安定処理を2日間行い、

何とか工事が進められる状況になりました。

 

自然相手の建築工事、

その都度、臨機応変な対応が必要になります。

 

 

 

何とか無事に杭打ち工事をスタートしました。

 

 

 

この造成工事の大きな目的のひとつは、

この湧き水対策になります。

 

工事中の湧き水回避は

ひとまず山場を越えましたが、

 

最終目的は、造成後の湧き水回避にあります。

 

引き続き、自然の湧き水の状況を見ながら、

計画通り、工事を進めてまいります。

 

 

 

『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』 
 

建築家住宅を工務店価格で。

建築家による『設計事務所+工務店』

 

 


お気軽にお問い合わせください。
お問合せは
こちら

facebook「いいね!」で家づくり情報配信中。
いいね!は
こちらで
 

 

 

posted by 長坂篤建築研究所です。 | 00:24 | 建築現場のご紹介(木造) | comments(0) | trackbacks(0) |
こちらのお宅も敷地の現地調査、親御様へのごあいさつを行いました。

こちらのお宅も敷地の現地調査を行いました。

 

それに先立ち、

敷地の所有者様である親御様へご挨拶。

 

敷地の使い方、周辺状況、

アドバイスなどを頂きました。

 

 


東に森が広がり、

南、西に田園が広がる

とても自然豊かな敷地です。

 

のどかな景色を楽しみながら

毎日が過ごせる

とても住環境に適した敷地だと思います。

 

 

 

一方、

道路と敷地に高低差があったり、

農振地区であったり、

排水の問題があったり、

 

そのままパッと家が建つ敷地ではないため、

難しいことではありませんが、

一つ一つハードルをクリアしていく必要のある

敷地でもあります。

 

いろいろな手続きの申請時期もあるため、

順序立てて進めていきたいと思います。

 

 

 

大変うれしいことにクライアント様は、

迷わずうちにご依頼いただいたようです。

 

家のイメージもはっきりされていて、

きっとイメージ通りの

素敵な家が出来上がると思います。

 

期待に応えられるよう

がんばってまいります!!!

 

 

 

 

『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』 
 

建築家住宅を工務店価格で。

建築家による『設計事務所+工務店』

 

 


お気軽にお問い合わせください。
お問合せは
こちら

facebook「いいね!」で家づくり情報配信中。
いいね!は
こちらで
 

 

 

 

posted by 長坂篤建築研究所です。 | 23:18 | 建築現場のご紹介(木造) | comments(0) | trackbacks(0) |
こちらのお宅は地鎮祭を行ないました。

こちらのお宅は地鎮祭を行ないました。

 

 

とてもとても寒い日で、さらに風も強く、

雪でも降りそうな寒さでしたが、

 

 

 

工事の安全と建物や家の繁栄をお祈りし、

 

 

 

 

 

 

最後に敷地の四隅をお清めしました。

 

 

ご家族皆様ご参加頂き、

滞りなく地鎮祭を終了しました。

K様誠におめでとうございます。

 

K様の想いを形に

誠心誠意、工事を進めてまいります。

 

 

 

ほんとうに寒い中、

最後の片付けのお手伝いまでして頂き、

大変恐縮しております。

 

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』

 

建築家住宅を工務店価格で。
建築家による『設計事務所+工務店』




お気軽にお問い合わせください。
お問合せは
こちら

「いいね!」で家づくり情報配信中。
いいね!は
こちらで


長坂篤建築研究所

 

 

 

 

 

posted by 長坂篤建築研究所です。 | 19:12 | 建築現場のご紹介(木造) | comments(0) | trackbacks(0) |
森にたたずむ家。外構工事が終盤です。

こちらのお宅は外構工事が終盤です。

 

 

 

年内完成に向けて、

順調に進んでいます。

 

 

 

こちらはあえて粗い雰囲気を出した

杉板型枠による打放し仕上げ。

 

イメージ通りの仕上がりが出来上がりました。

 

 

 

型枠工事や鉄筋工事も着々と進行中。

 

 

 

コンクリート打ちも。

 

 

こちらも完成が大変楽しみです。

 

 

 

 

『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』 

 

建築家住宅を工務店価格で。
建築家による『設計事務所+工務店』




お気軽にお問い合わせください。
お問合せは
こちら

「いいね!」で家づくり情報配信中。
いいね!は
こちらで
 

 

 

 

posted by 長坂篤建築研究所です。 | 19:14 | 建築現場のご紹介(木造) | comments(0) | trackbacks(0) |
こちらのお宅も現地調査を行ないました。

こちらのお宅も

敷地の現地調査をさせて頂きました。

 

少し難しい敷地です。

 

 

 

標準的な敷地と違い

とても細長い敷地であったり、

隣地との高低差がかなりあったり、

斜線制限が厳しかったり、

 

と少し頭をひねる敷地です。

 

 

 

しかし、

敷地に関する詳細な資料もあるようですので、

何とかしっかりと安全に

建てられるメドが立ちそうな気がしています。

 

敷地全体、周辺との関係などを総合的に判断する

設計力が必要になります。

 

まずは安全で、無駄なコストをかけない

大きな方向性のご提案

をさせて頂けたらと思っています。

 

 

 

 

『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』 
 

建築家住宅を工務店価格で。

建築家による『設計事務所+工務店』




お気軽にお問い合わせください。
お問合せは
こちら

「いいね!」で家づくり情報配信中。
いいね!は
こちらで
 

 

 

 

 

 

posted by 長坂篤建築研究所です。 | 19:23 | 建築現場のご紹介(木造) | comments(0) | trackbacks(0) |
こちらのお宅は内装工事も終盤です。

こちらのお宅も

内装工事が終盤にさしかかりました。

 

 

 

天井、手摺、畳コーナーの木目が

いい雰囲気に仕上がってきました。

 

 

 

壁のアクセントも

よい雰囲気に仕上がってきました。

 

 

 

収納スペースはたくさんの棚を設け、

引越し後もすぐ使える、

打合せ通り、たくさん収納できるスペースになっています。

 

 

 

外構工事も進行中です。

ウッドデッキに適した

耐久性・耐候性が高いウリン材です。

 

20年後、30年後のことも考えた

材料選びもとても大切なことだと思っています。

 

 

 

完成間近

こちらも完成が楽しみです。

 

 

 

 

『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』 
建築家による『設計事務所+工務店』

建築家住宅を工務店価格で。


お気軽にお問い合わせください。
お問合せは
こちら

「いいね!」で家づくり情報配信中。
いいね!は
こちらで


長坂篤建築研究所

 

 

 

 

 

 

posted by 長坂篤建築研究所です。 | 19:12 | 建築現場のご紹介(木造) | comments(0) | trackbacks(0) |
N様邸お引渡し。大変重みのあるお言葉。

N様邸お引き渡しをさせて頂きました。

 

二世帯住宅のN様邸

親世帯様にも、子世帯様にも

 

「ほんとうに長坂さんにお願いしてよかった。」

と言って頂いたことは、

何よりもありがたいことです。

 

 

実はN様は当初、

他の会社様で家づくりを進めていました。

 

しかし話が進む中で、少しずつ溝が生じ、

着工直前になって、

これ以上はもう難しいという話になり、

中断されたそうです。

 

時間も、お金も費やしてしまっての再出発の中、

無数にある依頼先の中から、

ホームページ上からお問い合わせをいただいたのが、

ちょうど1年前でした。

 

きっといろんな部分で、

住宅会社に対して不安や不信を抱きながらの

再出発だったに違いありません。

 

いろんなお話をさせて頂きながら、

ご納得頂いたうえで、ご依頼を頂きました。

 

こんな流れの中で、

家づくりをさせて頂き、いよいよお引き渡しの時に、

「ほんとうに長坂さんにお願いしてよかった。」

と言っていただけたことは、

大変うれしく、重みのある言葉でした。

 

 

 

※夕方の山並みや街並みがきれいだったので、

2階の窓から街並みを撮影してみました。

 

 

この景色を眺めながら、

 

安全で快適に、

自分の好きなモノや空間に囲まれた

ご家族皆様の想いが詰まったこちらのお宅で、

 

新たなご家族の歴史を刻んで頂ければ、

わたしたちとしても、

何よりもうれしいことです。

 

N様大変お世話になり、

ありがとうございました。

 

 

また時々お邪魔させていただきます(^-^)

 

 

 

『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』 

 

建築家住宅を工務店価格で。

建築家による『設計事務所+工務店』


お気軽にお問い合わせください。
お問合せは
こちら

「いいね!」で家づくり情報配信中。
いいね!は
こちらで


長坂篤建築研究所

 

 

 

 

posted by 長坂篤建築研究所です。 | 19:44 | 建築現場のご紹介(木造) | comments(0) | trackbacks(0) |
とてものどかなこちらの敷地も現地調査をさせて頂きました。

風光明媚なこちらの敷地も

現地調査をさせて頂きました。

 

 

こちらのクライアント様との出会いが

とても素敵なんです。

 

 

 

こちらのクライアント様は、

 

以前当社で創らせて頂いた

お宅の前をたまたま通りかかり、

その家を大変気に入って頂きました。

 

 

 

何度か外から見学をしていたときに、

たまたま家の人(以前のクライアント様)が

出てきたときに、勇気を出して話しかけられ、

 

当社を知って頂いたという、

何ともうれしいクライアント様です。

 

 

 

こちらのクライアント様も

家のイメージをしっかりと持たれているため、

それを超えるご提案を

させて頂ければと思っています。

 

 

 

『デザイン』×『住宅性能』×『コスト』 
建築家による『設計事務所+工務店』

建築家住宅を工務店価格で。


お気軽にお問い合わせください。
お問合せは
こちら

「いいね!」で家づくり情報配信中。
いいね!は
こちらで


長坂篤建築研究所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by 長坂篤建築研究所です。 | 01:29 | 建築現場のご紹介(木造) | comments(0) | trackbacks(0) |